職場の人間科学

People Analytics

MITメディアラボから生まれたピープル・アナリティクスは、人々の行動に関するデータを理解し組織運営に活用することで、組織運営の抜本的な改革を可能にしてきました。当コースは、実際のデータやツールを使ったり、また活発に議論したりすることで、参加者のみなさまがピープル・アナリティクスの基本について理解することを目的としています。組織を運営する際には、例えば、「経営陣とエンジニアグループはどの程度コミュニケーションをとっているのか」「管理職者は自分のチームのメンバーたちと十分な時間を過ごしているのか」「営業担当者は顧客とどれくらい連絡をとっているのか」など、明確な答えは簡単に見つからないものの組織のパフォーマンスに大きく影響を与える数々の疑問点があります。なぜ明確な答えがないのか。それは、データ不足のせいと言えるでしょう。アンケートやコンサルタントによって答えを見つけることも可能ですが、それでは十分とは言えません。なぜなら、これら既存の方法は、時間がかかる上に主観的データとなるため、実際の状況を正しく測定しているわけではないからです。

しかし、新しいデータ収集によって、この点は解決します。私たちは、メールやチャット、オンラインカレンダー、また社会のあちこちに存在するセンサーやモニターの利用などを通じて、自己の行動に関するデータを絶えず生み出しています。人々の働き方に関する行動データを集め組織の管理運営に活かす。これが「ピープル・アナリティクス」なのです。当コースでは、まず、手元にある自由に使える既存のデータ、そしてこの先しばらくどのようなデータが集まるかについて検討します。同時に、どのような行動メトリックス(指標)が重要であるか見極め、関連者にこれらメトリックスについてどのように伝えればよいか考えます。その後、スピーディな効率よい問題解決・組織改革のために、これらのメトリックスとデータがどのように活用できるか、という点に注目します。こうすることで、インターネットにおけるABテストに似た形で、組織がいかに管理運営されているかをテストすることができるようになります。行動データと主要パフォーマンス指標(KPI)を組み合わせることで、従業員待遇・ITシステム・不動産関連・組織構成などの様々な事項に関する意思決定が素早くできるようになり、数量的データに基づいて試すことが可能になります。また、当社のピープル・アナリティクスによって、組織改革に成功したフォーチュン500企業の例を、いかにABテストに基づいた意思決定をする職場文化へ移行していったかという点も含めてご紹介します。

Lead Instructor(s): 

Ben Waber
Alex Pentland

Dates: 

Mar 12, 2018 - Mar 13, 2018

Course Length: 

2 Days

Course Fee: 

$1,800

Status: 

  • Open
This course has limited enrollment. Apply early to guarantee your spot.

Participant Takeaways: 

  • 既存の行動データについて把握。
  • ピープルアナリティクス法の基本について理解。
  • 次期にピープルアナリティクス活用で指摘できる、組織的な問題の割出し。
  • ピープルアナリティクス導入を妨げると思われる要因の見極め。
  • 各組織におけるピープルアナリティクスがもたらす価値の見積り。
  • 組織内の重要人物や関係者への行動メトリックスの効果的な説明方法。
  • 日本企業でのピープルアナリティクスの活用例の紹介。

Instructors: 

Location: 

Content: 

Fundamentals: Core concepts, understandings, and tools (35%) 35
Latest Developments: Recent advances and future trends (30%) 30
Industry Applications: Linking theory and real-world (35%) 35

Delivery Methods: 

Lecture: Delivery of material in a lecture format (30%) 30
Discussion or Group Work: Participatory learning (50%) 50
Labs: Demonstrations, experiments, simulations (20%) 20

Levels: 

Introductory: Appropriate for a general audience (40%) 40
Specialized: Assumes experience in practice area or field (60%) 60